太陽光パネル第1号が設置されました

2011年9月15日、祝島の氏本長一さんのお宅の屋根に9枚の太陽光パネルが取り付けられました。これは、祝島自然エネルギー100%プロジェクトの一環で設置される太陽光パネルの第1号で、賛同者の皆さんの寄付金によって取り付けられました。

このパネルの発電能力は2KW。発電された電力の内、氏本さんのお宅で使用された電力分と、中国電力に販売された余剰電力分の料金が、氏本さんを通じてプロジェクトを運営する祝島千年の島づくり基金に支払われます。

このパネルは氏本さん宅の敷地内にあるこいわい食堂(島内食材の自給率100%を目標に伝統的な練塀蔵を活用して営業中)にも電力を供給しており、「エネルギーの複合的な地域自給が分かりやすい形になっている」と氏本さんのブログでも紹介されています。

当日はテレビ局、新聞社など10数社が取材に訪れました。大きな注目を集めるこのプロジェクト、いよいよ本格始動です。
氏本さんのブログ「氏本農園 祝島だより」

山口新聞の記事「祝島に基金で太陽光発電」

カテゴリー: ニュース   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

祝島のご紹介