タグ別アーカイブ: admin

祝島千年の島づくり基金ニュース

全国からの祝島の漁業者への応援の声で、漁船へ太陽光パネルを設置しました! 島の漁船や船舶への太陽光パネルの設置ですが、7月に入り4隻の船へ設置いたしました。設置後も特に不具合はなく、 現在も順調に稼働しています。 設置作業中 太陽光パネル自体は小型のもので、船のバッテリーヘの充電もあくまでも補助的なものですが、長期間船を動かせない場合や、冬のシケが続く時期などにはしっかりと活躍してくれることでしょう。 この太陽光パネルの設置については、これまでも上関原発反対運動において自然環境面から様々な支援や応援をいただいてきた「WWFジャパン(世界自然保護基金 日本支部)」と、再生可能エネルギーの普及を目的としたNPO法人「世界マメナジー基金」が全国に呼び掛けて寄附を集めてくださったものです。 多くの皆様のご協力に感謝するとともに、祝島としてもこの全国からの応援の声にこたえていくことができればと思います。なおパネル設置は今後も4~5隻 を予定していますが、さらに何隻分かは追加で設置も可能です。 設置した太陽光パネル 家屋への太陽光パネル、順調に発電しています! 島の家屋に設置した 2件の太陽
光パネルは、 順調に発電しています。特に2件目の島の食料品店さんに設置させていただいたパネルは、今年6月末で設置1周年を迎え、6kwのパネルで 1年間の発電量が8400kwhと、専門家も驚くほどの発電量です。 今日も頑張って発電しています! 島づくり基金集会 さる 6月7日の島づくり基金の集会には、時期的にびわの収穫などで忙しい中、島民約 450名の中で約 80名もの皆様にご参加いただきました。 先日、びわ茶やひじきなどでつながりのある「大地を守る会」(安心・安全な食品などを扱う団体)から、 自然エネルギー普及のための助成金 (約 245万円)を、祝島の自然エネルギーのプロジェクトにたいし支援していただくことが決定しました。集会の中ではそのことなどについて報告や進め方などについて意見交換をさせていただきました。 今後は上記の助成金を使った事業として、島内での電気や灯油、ガスなどのエネルギー消費の現状や、将来的に島の人がどのように暮らしたいのか、その暮らしにあうかたちで自然エネルギーを増やしていくにはどのような方法が良いのか、そういったことについての調査などもしていきたいと思います。 また耕作放棄地の再生と太陽光パネル設置についても、まずは自己資金による10kWのパネル設置をこの秋から冬にかけてしていきたいと思います。 この島で、原発のお金にも電気にも頼らず生きていくんだという思いを島づくりに生かしていくためにも、今後もご協力をお願いいたします。

カテゴリー: ニュース | タグ: | コメントをどうぞ

【報告】シンポジウム いのちの海を埋め立てないで ~上関・祝島 自然とともに生きる未来へ~

9月8日(土)、日比谷コンベンションホールにてシンポジウム「シンポジウム いのちの海を埋め立てないで ~上関・祝島 自然とともに生きる未来へ~」が開催されました。 このシンポジウムは上関どうするネットが主催しました。 第一部では、鹿児島大学の、干潟に生息する生物に詳しい佐藤正典教授から中国電力上関原発建設予定地の田の浦に生息する希少生物の紹介や、原発が生物や環境に及ぼす影響について説明がありました。 原発の及ぼす海への悪影響を(1)温排水(廃熱)による「海の温暖化」の問題、(2)原発が冷却水として海水を取水する際に、海水といっしょに吸い込まれる小さな生物が死滅する問題、(3)原発事故がないときでも、日常的に放射性物質を放出する問題、に分けてわかりやすく説明されました。   第二部では、祝島から参加された山戸孝さんから島民の気持ち、反対運動の近況、自分達の地域を守ることについてお話がありました。特に印象深かったお話を紹介します。   「祝島に来て、島から対岸の原発建設予定地を見ていただければ、『ここに原発をつくってはいけない』と感覚として理解されると思う。」 当日参加した東京事務局スタッフも、はじめて祝島に行き、美しい瀬戸内の海を見渡した時、まさにそう感じました。上関町に住んでいても、祝島を訪れたことがある人は少ないそうですが、多くの人に是非1度訪ねていただきたいと思います。   「(島根原発の例を挙げ)原発だけでは小さな自治体は生き残れない、大切なのは自分達の地域を、どう自分達の価値観に合う形で守り、そのために汗をかいていくかだ。」 「祝島自然エネルギー100%プロジェクト」の目的もまさにそこにあります。豊かな自然と、それを守って生きてゆく島の人たちの暮らしを、自然エネルギー普及を通じて残していく、そしてそれを日本中の地域が参考にできるモデルにしていくことの意義を改めて感じました。 次に長島の自然を守る会の高島美登利さんから、カンムリウミスズメやオオミズナギドリなど、豊かな田の浦の海で暮らす希少な生き物の生態や、上関でとれた新鮮な魚介を通信販売し、原発に頼らずに地元経済を成り立たせる活動が紹介されました。   このシンポジウムを通して、上関原発建設予定地が、いかに貴重な自然が残された豊かな海であるか、また、これは原発周辺地域だけの問題としてではなく、自分の問題として考え、自分達の地域をいかに守り、将来につなげていくかを、上関原発への反対運動から学ばなければならないと感じました。 シンポジウムの後には、日比谷公園から東京電力本社前を通って水道橋公園まで歩くパレードが行われました。

カテゴリー: ニュース, 未分類 | タグ: | コメントをどうぞ

シンポジウム いのちの海を埋め立てないで ~上関・祝島 自然とともに生きる未来へ~開催

2012年9月8日(土)、東京の日比谷コンベンションホールにて、シンポジウム 「いのちの海を埋め立てないで ~上関・祝島 自然とともに生きる未来へ~」が開催されます。 祝島からは山戸孝さんがパネリストとして出演します。 ぜひご参加ください。 【下記開催概要】 「奇跡の海」、「瀬戸内海の原風景」と呼ばれる山口県上関町田ノ浦が上関原発の予定地となって、30年になります。 いま原発建設計画は、田ノ浦の対岸に暮らす祝島の人たちの息長い反対によって中断しています。 しかし、中国電力は原発建設をあきらめていません。 一方、2008年に山口県に許可された海の埋め立てが、この10月に失効します。 海の埋め立ては地域の生態系に大きな影響を与えるため、わたしたちはこのまま「奇跡の海」を残し、原発のない暮らしを実現したいと願っています。 佐藤正典さんや上関町、祝島の方々のお話をお聴きし、一緒に考え行動しましょう。 ■日 時 2012年9月8日(土)13:30~16:00(開場13:00) 終了後、パレードもあります。16:30日比谷公園中幸門出発 ■会 場 日比谷コンベンションホール (千代田区立日比谷図書館文化館地下・旧都立日比谷図書館) アクセス:千代田区日比谷公園1-4 東京メトロ霞が関駅C4、B2出口より徒歩5分 都営三田線内幸町駅A7出口より徒歩3分、JR新橋駅より徒歩12分 ■参加費 1,000円(要予約) Web予約フォーム:bit.ly/MYZG0x Fax: 03-3357-3801 電子メール: dousuru_net@mail.goo.ne.jp ■主 催 上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~(略称:上関どうするネット) ブログ: kaminoseki.blogspot.com Mail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp Fax: 03-3357-3801、Tel: 03-3357-3800 (原子力資料情報室〈伴〉) ■プログラム ◆基調講演 「瀬戸内海西部に残る豊かな内湾生態系」 … 続きを読む

カテゴリー: ニュース | タグ: | コメントをどうぞ

東京事務局のスタッフが祝島を訪問しました

祝島自然エネルギー100%プロジェクトの事務局をお手伝いしているスタッフ2名が祝島を視察しました。 まずは、先日太陽光パネル第2号が設置されたばかりの島の食料品店さんへ。 先月パネルをつけた直後は、電圧の問題で売電がうまくできなかったのですが、すぐに調整は完了し、現在はスムーズに発電中です。 スタッフが訪れた日も梅雨の合間の見事な快晴!発電能力6kWのパネルも順調に発電中です。 午前中で、まだ発電量は控えめですが、ご主人の眩しそうな顔からも昼からの日差しが期待できます。 午後にはほとんどフルで発電中! この食料品店さんでは、お店と隣接するご自宅で計7台の冷蔵庫を使い、最近は冷房も使っていますが、それでも余剰電力を売電することができています。 このお店とご自宅で使用された分の電気料金、さらに売電での収入はプロジェクト実施主体の祝島千年の島づくり基金に還元されます。 売電している時には左側のメーターが回ることで分かります。   食料品店さんのご主人にパネルを付けた感想を伺うと、 電気を使って冷蔵庫や冷房を動かすのは以前と同じだが、やはり太陽光で発電しているという実感がある。自宅の玄関にも現在の発電量が分かるメーターがあるが、子ども達もメーターの前を通るたびに「お!」と発電量に注目している。 とのことでした。 玄関に付けられたメーター   また、台風の通り道である祝島でよく聞かれるのは、台風のときに太陽光パネルが飛んでしまうのではないかという心配。 このご主人も最初は少し心配だったそうですが、設置にあたった業者さんから施工状況の説明を受け、また強い風が吹く島であることを考慮して補強等も行うことも聞いて、今は安心しています。 島の人が毎日訪れ、目に触れる場所にパネルが取り付けられたことによって、安全性も実感されていくと感じました。   今回の祝島訪問では、今後のプロジェクトの進め方に関しても島民の方と細かく打ち合わせをしました。 来月行われる4年に1度の伝統行事、神舞に合わせたプロジェクトの広報や、島に増えつつある耕作放棄地の整備と太陽光パネルの設置についてなど、今後の計画はもりだくさんです。 島の地図を広げ、パネル設置に適した耕作放棄地の位置を確認   祝島の自然エネルギー100%プロジェクトが着実に進んでいることを改めて実感した視察になりました。   島内を移動中にこのプロジェクトで取り付けられた太陽光パネル第1号の屋根が見えました。向こう側には上関原発の建設予定地が見えます。

カテゴリー: ニュース | タグ: | コメントをどうぞ

事務局新スタッフが祝島を視察しました

2012年5月2‐3日、祝島自然エネルギー100%プロジェクトの事務局をお手伝いする新スタッフが祝島を訪れました。 このプロジェクトは基本的に島の人たち中心に運営されていますが、自然エネルギー事業の組み立てや事務局作業には、環境エネルギー政策研究(ISEP)が関わっています。 今回は、6月に太陽光パネル設置予定の蛭子屋さんを訪れたり、島に増えつつある耕作放棄地への太陽光パネルの設置を検討するため、候補地の調査などを行いました。 新スタッッフはいずれも祝島を今回初めて訪れましたが、美しい風景やおいしい食べ物、島の人のあたたかさに触れてすっかり祝島が好きになりました。また、視察を通して島の自然エネルギーのポテンシャルの高さを再確認し、今後しっかりとプロジェクトをサポートしていく意気込みを新たにしました。

カテゴリー: ニュース | タグ: | コメントをどうぞ